年賀状 2017年の無料テンプレート(酉年)

  1. 年賀状スープ TOP>
  2. お問い合わせ

Wordで作る写真年賀状

必ず始めにお読み下さい

年賀状の素材をダウンロードしてみたのは良いけれど、どうやって使えば良いの?、今年は自分で年賀状を作ってみたいな~、と考えている人。年賀状スープで提供している年賀状写真テンプレートを使ってwordで年賀状を作ってみましょう。制作には、windows XP word-2003を使用しています。

TIPS-01「画像の準備」

・今回は、左の素材を利用して、写真年賀状の作り方を説明してみます。

・自分で使う写真フレーム、写真をあらかじめ用意しておいて下さいね。

TIPS-02「wordを軌道してページ設定」

PCを立ち上げる事ができたら、worldを起動させてみましょう。起動すると画面にはまだ何も無い状態になっていると思いますが、まずはwordのページ設定からしてみましょう。

1、ファイル→ページ設定を選択して、ページ設定メニューを開く。

2、ページ設定メニューが開けたら、用紙の箇所を選んで、用紙サイズをハガキに選択して下さい。

3、続いてページ設定メニューの余白を選びましょう。余白を選んだら余白設定を左図の様に設定。

4、用紙設定と余白設定ができたら、ページ設定メニュー右下にある「OK」ボタンを押して下さい。

TIPS-03「写真フレームを読み込む」

ハガキサイズにページ設定が出来たので、設定したページに画像を読み込んでみましょう。

1、上メニューから、挿入→図→ファイルから、を選んで自分が使いたい年賀状写真フレームを選びましょう。

※使いたい画像が何処にあるのか判らなくなってしまうので、先にディスクトップに新規ファイルを作り、その中に使いたい画像などを入れておくと便利です。

TIPS-04「読み込んだ画像の調整」

使いたい写真フレームは読み込めたでしょうか。でもこのままでは読み込んだ画像を移動したり、微調整ができないので、読み込んだ画像の設定をしてみる事にします。

1、読み込んだ画像の上をクリックして、マウスの右側をクリックして下さい。すると左図のようなメーニューが出ますので、図の書式設定の所を選んで下さい。

2、図の書式設定を選ぶと、左図の様なメニューが出ます。

3、その中の「レイアウト」を選び、「前面」と書かれている所をクリックし、メニュー下の「OK」をクリックし、メニューを閉じて下さい。

4、これで画面上に写真フレームの読み込みはできましたね、次はこのフレームに写真を読み込んでみましょう。

TIPS-05「写真を読み込む」

次は同じページ上で、写真を読み込んで組み合わせてみましょう。

1、今の状態のまま写真を読み込むと、画像が重なったり見えなくなってしまいますので、先に読み込んだ写真テンプレートを少しずらしておきます。画像を「クリック」して、そのまま画像を下まで「ドラック」

2、次に、先ほど写真テンプレートを読み込んだ方法と同じやり方で、写真を読み込んでみましょう。「TIPS-03」を参照

3、同じ画面上に写真を読み込んだので、左図の様な感じになっていると思います。この状態が出来れば完成までもう少しです。

※先に読み込んだ写真フレームを「図の書式設定」で前面を選んでおいたために、写真フレームの方が前面に配置された状態になっています。

4、すでに読み込んだ写真は背面に来ていますが、ねんのため背面に送る設定をしてみましょう。

・読み込んだ「写真」をクリック。写真のい画面上で「右クリック」

5、サイドメニューから「図の書式設定」を選ぶ。左図のメニューが出ますので、「レイアウト」を選び、「背面」をクリックしたら、メニュー右下の「OK」をクリックしてメニューを閉じて下さい。

6、これで、前面、背面の関係がしっかり出来ましたので、後は写真を写真フレームに合わせて移動。写真フレームを元の位置に配置すれば、出来上がりです。

TIPS-06「年賀状の出来上がり」

後は写真フレームの画像を定位置まで戻し、後から読み込んだ写真の大きさや、位置などを調節する事で完成です。

1、完成したら試し刷りをお薦めします。細かい微調整など確認して自分で納得のいく年賀状を作ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

2017 年賀状素材一覧
人気のテンプレート